Real Estate

Pick Up

購入する

不動産を購入する場合、地域などによって価格は異なってきます。また、購入した不動産物件は自分で住む人は多いものの将来のことを考えて投資目的で利用することも良いといえるでしょう。

read more

周辺施設で選ぶ

不動産物件は、自分の住みやすい場所で選ぶことが大切です。そのため、周辺の施設も重視する必要がある他にも不動産会社選びも重要となってきます。口コミサイトなどで不動産会社を選ぶことで失敗を避けることが出来ると考えられます。

more

再び人気に

日本でコンドミニアムが知られるようになったのはバブル景気の頃です。現在コンドミニアムは人気が再燃しつつありますが、投資目的ではなく、バカンスとしての活用といった利用者目線でのトレンドとなっています。

more

物件の競売

マイホームなど不動産物件を購入する際、ローンを組む人は多いといえます。しかし、ローンを返済することが出来ないと物件を手放すことになってしまい、競売にかけられてしまうこともあるため注意しましょう。

more

便利なポイント

越谷に不動産である土地を持っているなら理想のマイホームを建ててみませんか?ここなら建築はもちろんあらゆるお手伝いをしてくれます。

物件をお探しですか?品川区で中古マンションをお探しなら、数多くの物件を扱っている不動産屋さんを利用しましょう。

エコ住宅新築やエコリフォーム

省エネ住宅ポイントが平成27年3月10日より発行申請、交換申請が開始されました。省エネ住宅ポイントとは、自身が居住するためのエコ住宅を、新築またはエコリフォームをすることで付与されるポイントです。ポイント数は新築の場合は30万ポイント、エコリフォームの場合は上限が30万ポイントになります。発行された省エネ住宅ポイントは省エネ商品や地域振興商品や全国で使える商品券などに交換できます。その他に環境寄付や復興寄付にも利用できます。住宅工事の着工、着手が平成26年12月27日から平成28年3月31日までのものが申請対象となります。ポイント発行申請の他に、ポイント交換申請などの手続きが必要です。それぞれの手続きの仕方の詳細は、省エネ住宅ポイント事務局のホームページから確認してください。

発行申請は、お早めに

省エネ住宅ポイント付与対象のエコ住宅や、エコリフォームにはそれぞれ規定があります。施工業者と確認をとってください。省エネ住宅ポイントの発行申請は、遅くとも平成27年11月30日には締め切られます。遅くともという表現が使われるのには、訳があります。あらかじめ決められた予算に達した時点で発行申請は締め切られます。ですから、ただ工事をしただけで手続きを後まわしにすると、受付が終了してしまうかもしれません。又、ポイントを後から商品や寄付という形で交換する以外にも、即時交換する方法もあります。これは発行されたポイントを当該工事の追加工事や、グレードアップ用の代金に充てるものです。いずれの方法でも1ポイント1円で換算されます。ホームページをチェックして、遅れないように申請しましょう。

地球環境に配慮した住宅を建てれば省エネ住宅ポイントがもらえます。地球に優しくかつ得するための方法を取りましょう。

横浜でピッタリの不動産情報を探すならコチラがオススメです。不動産の査定からローンのシュミレーションサービスも利用可能です。